古書店パージナのブログ

東京・千代田区岩本町のデザイン専門古書店パージナのブログ。入荷情報等お知らせします。

入荷

本日の主な入荷(2013年9月18日)「篠原一男 + 朝倉摂 リビング・リビング展 デパートのなかに建った2つの家」

建築家/篠原一男と画家の朝倉摂による2人展カタログ篠原一男 + 朝倉摂 リビング・リビング展 デパートのなかに建った2つの家を入荷しました。篠原一男の住宅作品の平面図や写真(掲載作品:正方形の家、久我山の家、から傘の家、若い詩人の家、茅ヶ崎の家、…

本日の主な入荷(2013年8月21日)「不定形美術ろん」「作品集 山口勝弘 360° 」

現代美術家・山口勝弘が1964年に雑誌新婦人に連載していたものを書籍にまとめた「不定形美術ろん」。美術やデザインの作品を光を使ったもの、錯覚をつかったものなど、グループ分けしながら紹介しています。1967年、学芸書林より刊行。36,750円。 同じく山口…

本日の主な入荷(2013年7月29日)「Visual design in action: principles, purposes」「Orandakan 1970」

チェコ出身で、後にニューヨークでも活躍したグラフィックデザイナー、ラディスラフ・ストナー(Ladislav Sutnar、1987〜1976)の主著の一つである「Visual design in action: principles, purposes」を入荷しました。本書は情報デザイン分野のパイオニアの…

本日の主な入荷(2013年7月26日)「Struttura 444B (Vom Konstruktivismus Zur Kinetik 1917 bis 1967 展)」

Struttura 444B (Vom Konstruktivismus Zur Kinetik 1917 bis 1967 展)1967年にドイツのGalerie Danise Rene Hans Mayerで開催された「Vom Konstruktivismus Zur Kinetik 1917 bis 1967」展に際して刊行されたおそらく案内状とおもわれるものです。厚紙の…

本日の主な入荷(2013年7月22日)「読めない本 白と黒 Libro Illeggibile Bianco e Nero ブルーノ・ムナーリ展 伊勢丹」

「読めない本 白と黒 Libro Illeggibile Bianco e Nero ブルーノ・ムナーリ展 伊勢丹」1965年3月25日から31日に伊勢丹・新宿店にてブルーノ・ムナーリ展が開催されました。多くの日本のデザイナーに影響を与えることになったこの展覧会ですが、その際に制作…

本日の主な入荷(2013年7月17日)「第1回日本建築祭 国際スポーツ施設展」「近代建築 1960年11月号 特集 グループメタボリズム」

1964年、東京オリンピックの開催にともなう競技施設の建設を記念して、開催直後の屋内総合競技場を会場として開催された「第1回日本建築祭 国際スポーツ施設展」のカタログです。 歴代オリンピックの会場となった各国の代表的なスポーツ競技施設や東京オリン…

本日の主な入荷(2013年7月12日)「Olivetti Synthesis 45」

イタリアのメーカー、オリベッティ社でエットーレ・ソットサスJrがデザインを手がけた製品ライン「Olivetti Synthesis 45」の商品カタログです。「Olivetti Synthesis 45」はポップな色使いと角が丸みを帯びた矩形の多用が特徴的なシリーズで、オフィス家具…

本日の主な入荷(2013年7月8日)「浙贛作戰」

「浙贛作戰」(せっかんさくせん) 1943年に國際報道中華總局(「日本工房」→「国際報道工芸」→「国際報道」の上海支局)より刊行された七三七九部隊の1942年の戦地での作戦を記録した写真集です。 軍報道部写真班、新聞社写真班の写真や従軍画家のスケッチ…

本日の主な入荷「Casabella」

イタリアの建築とプロダクトデザインの雑誌「Casabella」の1970年代半ばのもの5冊を入荷しました。 アレサンドロ・メンディーニが編集長をつとめていたこの時期の「Casabella」はラディカルデザインを牽引する批評的な支柱のような存在でした。 編集スタッフ…

本日の主な入荷(2013年6月14日)「Study of Man by Man <Factotumbook 15>」

北園克衛のプラスティック・ポエムの小作品集Study of Man by Man <Factotumbook 15>が入荷しました。 北園の「プラスティック・ポエム」は視覚詩の中でも室内の事物をレイアウトし、ほぼ固定されたフォーマットで写真として表されるという特徴を持ってい…

本日の主な入荷(2013年5月8日)「ドイツにおけるフルクサス : 1962-1994、Fluxus in Deutschland 1962-1994 セット」「四人の作曲 <東京画廊展覧会図録>」

ドイツにおけるフルクサス : 1962-1994、Fluxus in Deutschland 1962-1994 セット 1995年にifa(Institut fur Auslandsbeziehungen)で開催された「Fluxus in Deutschland 1962-1994」展の重厚なリング綴じの図録と付属冊子(英語)、2001年に国立国際美術館…

本日の主な入荷(2013年4月24日)「Italy: The New Domestic Landscape」「インテリア JAPAN INTERIOR DESIGN No.138」

「Italy: The New Domestic Landscape Achievements and Problems of Italian Design」 ニューヨークのMoMAで1972年に開催された同名の展覧会の図録として刊行された書籍です。編集としてクレジットされているエミリオ・アンバースは当時MoMAデザイン部門の…

本日の主な入荷(2013年4月19日)「Da Uno a Dieci」

イタリアの現代美術作家、アリギエロ・ボエッティ(Alighiero Boetti)がエッメ出版より1980年に刊行していた「Da Uno a Dieci」(1から10)を入荷しました。 本書は10枚のお手本シートと10枚の書込みシートの20枚のシートがフォルダに入っています。1から10…

本日の主な入荷(2013年4月12日)「日本列島の地域構造・図集」

この図集「日本列島の地域構造・図集」は建築家・丹下健三と地理学者・木内信蔵による、日本列島の構造のリサーチ統計をダイアグラムにまとめたものです。オットー・ノイラートのアイソタイプ(視覚記号)のメソッドを意識して製作されたこの図集は人工、産…

本日の主な入荷(2013年2月25日)「音楽芸術」

杉浦康平が表紙デザインを手がけた雑誌「音楽芸術」の1960〜61年刊行分より12冊入荷しました。 表紙だけでなく、内容も日本の1960年代の現代音楽の熱い空気感の伝わる興味深い記事が多く今でも読めるものが多いように感じられます。 おすすめは来日したイア…

本日の主な入荷(2013年2月4日)「TOMIO MIKI minami gallery ポスター」

耳の彫刻作品で知られる現代美術家・三木富雄の南画廊での個展のポスターを入荷しました。 『[ポスター] MIKI 1972・11/20→12/10 TOMIO MIKI minami gallery』。写真は小川隆之、そしてデザインはなんと倉俣史朗が手がけています。52,500円。 1972年、108 x …

本日の主な入荷(2013年1月18日)「Photo Typositor Typeface Catalog2」「Dreher Immagine Aziendale」

「Photo Typositor Typeface Catalog2」TypoGraphics Communications,Inc刊行の写真植字の書体見本帳です。序文をAaron Burnsが書いています。無年記、リング綴じ。262,500円。 「Dreher Immagine Aziendale」イタリアのビール会社『Dreher』のコーポレート…

本日の主な入荷(2013年1月11日)ブルーノ・ムナーリ「Il Cantastorie di Campari」「STRUTTURE」

Il Cantastorie di Campari. V Raccolta con 27 Figurazioni Grafiche di Bruno Munari ブルーノ・ムナーリ、キャリア初期の未来派時代の絵(27点)を収めた貴重な書籍です。1932年刊。262,500円。 STRUTTURE 2062/5(Trasformazione dell'immagine), 2062/6(…

本日の主な入荷(2012年11月5日)「die neue linie」「Herbert Matter Foto-Grafiker Sehformen der Zeit」

バウスハウスの教官でもあったグラフィック・デザイナー/写真家のハーバート・バイヤー、ラースロー・モホイ=ナジが表紙を手がけた「die neue linie」を3冊入荷しました。1929年から1943年まで刊行されていたこの雑誌は知的な層にバウハウスの提唱していた…

本日の主な入荷(2012年10月26日)「太陽 No.13 1964年7月 掲載:第1回太陽賞発表 さっちん」「Russian Folk Arts and Crafts」

本日の主な入荷です。 「太陽 No.13 1964年7月 掲載:第1回太陽賞発表 さっちん」 荒木経惟の実質的なデビューとなった第一回太陽賞受賞時の掲載誌です。掲載時は23歳で電通社員。「荒木のぶよし」名での受賞でした。伊奈信男、伊藤整、木村伊兵衛、中島健蔵…

本日の主な入荷(2012年10月19日)「Concerts par Walter Gieseking 1953 ワルター・ギーゼキング」「West Meets East Mies Van Der Rohe」

「Concerts par Walter Gieseking 1953 ワルター・ギーゼキング」1953年の公演パンフレットです。綜合芸術グループ「実験工房」のメンバーだった美術家の北代省三が表紙のデザインおよびページ内のデザインを手がけています。6,300円。 「West Meets East Mi…

本日の主な入荷(2012年10月12日)「都民劇場 公演パンフレット」

山名文夫が表紙デザインを手がけていた1950〜60年代の都民劇場主催の公演パンフレットがまとまった数入荷しました。 『[パンフレット] 都民劇場 音楽コンクール30周年記念 歌劇リゴレット』表紙:山名文夫、文:伊奈一男 1961年、1575円。 『[パンフレット] …

本日の主な入荷(2012年9月20日)「Architectural Design」

建築雑誌「Architectural Design」がまとまった量入荷しました。1969-1973年くらいのものを中心に約40冊入荷しています。 大阪万博の特集号です。「Architectural Design Vol.40 June 1970 特集:EXPO'70 (42頁)」 文:Martin Pawley、Alexander Pikeほか、8…

今日の主な入荷(2012年9月14日)「画家のおもちゃ箱」

画家・猪熊弦一郎の家やアトリエにあるモノたちをとらえた写真と、それにまつわるエピソードが書かれた「画家のおもちゃ箱」。猪熊弦一郎の署名入りです。52,500円。 ご注文はこちらから、またはメールにてお願いいたします。

本日の主な入荷(2012年9月3日)「流行通信」

2008年に休刊してしまった日本の代表的なファッション誌の一つだった「流行通信」。その1980年頃の横尾忠則がアートディレクターをつとめていた時期のものを中心に入荷しました。デザイナーは湯村輝彦、養父正一ら。 多木浩二のファッション写真の歴史につい…

本日の主な入荷(2012年8月24日)「Fiorucci The Book」「タイポグラフィックス・ティー」

「Fiorucci The Book」Harlin Quist Books 21000 Eve Babitz 1970-80年代に大流行したイタリアのファッション・ブランド、フィオルッチのヴィジュアル・ブックです。広告用のイメージやグッズ、ポスター等が多数掲載されています。同書はソフトカバー版もあ…

主な入荷(2012年8月13日)「デザイン製版」「Fil, Design」

『デザイン製版』小池光三の代表的な著作。実例をもとに、印刷の用語と技術について原理的に解説しています。1968年初版、印刷学会出版部刊。6,300円。 『Film + Design』Peter von Arxによるムーヴィング・ピクチュアのデザイン本。フィルムをコマに解体し…

今日の主な入荷「TM: Typografische Monatsblatter」

タイポグラフィ・印刷技術雑誌「TM: Typografische Monatsblatter」がまとまった数入荷しました。 今回入荷分の60冊。 1960年代のものより5冊。 1989年1号。 ヘルムート・シュミットの作品紹介ページ。 ヤン・チヒョルト特集号。 1990年代のものより、4冊…

主な入荷(2012年8月6日)「日宣美展図録」「広告批評別冊」「仕事と周辺シリーズ」

1951年から約20年間活動したグラフィックデザイナーの職能団体「日本宣伝美術会」の公募展図録です。表紙を当時のメンバーだったデザイナーが手がけています。 左から「日本宣伝美術会 展覧会目録 1953」15,750円、「日本宣伝美術会 展覧会目録 1954」15,750…

最近の主な入荷(2012年7月19日)「アメリカ実験映画 30年の回顧史」「Typographica 8」「竹尾デスクダイアリー」

「アメリカ実験映画 30年の回顧史」10,500円。アメリカ実験映画のフェスティバルのパンフレットのようですが、開催場所、年月などのデータはありません。プログラムから類推するに1970年代はじめのようです。 厚紙のカバーに挟まっているのはホチキスで留め…

本日の主な入荷(3月22日)「Dennis Hopper a Tourist: Published in Kyoto/ア・ツーリスト」「Philippe Starck」「Philips: A Study of the Corporate Management of Design」

俳優/芸術家・デニス・ホッパーが京都で撮影した写真を集めた「Dennis Hopper a Tourist: Published in Kyoto/ア・ツーリスト」です。テキストは勝新太郎。編集にはもちろん川勝正幸の名前も。 1994年ファイルより刊行。15,750円。 「形の匠 <Adobe In De…

最近の主な入荷(2012年2月27日)「はこぶ」「福原信三」「嶺」

最近の主な入荷より、非売品として刊行されていたものを3冊紹介します。 「はこぶ」 表紙は田島征三。イラストレーションは山下勇三、田島征三、山本忠敬ほか。写真は大辻清司。日本通運が創業100年・創立35周年を記念して製作した大判のビジュアル・ブック…

本日の主な入荷(2月24日)「Typography」「Design Coordination and Corporate Image」「THE ITC TYPEFACE COLLECTION」

本日の主な入荷です。 1957年に刊行された、Walter Martiの私家版作品集「Typographie」。 「ロゴタイプ」「レターヘッド」「名刺」「ラベル」「ワインリスト」「広告」「フォルダ」「蔵書票」の分類で掲載されています。紙質、印刷技術の高さ、レイアウトの…

本日の主な入荷(2月3日)「ソウル・スタインバーグ グリーティングカード」「The Sketch Book for 1967:31 Drawings By Steinberg」ほか

ソウル・スタインバーグのクリスマス・グリーティングカード3種です。すべてオリジナルデザインのリプロダクト版です。こちらは『「サンタと猫」 <ソウル・スタインバーグ グリーティングカード>』 開くと「Merry Christmas and a Happy New Year」 構造と…

本日の主な入荷。「Konimdo's Univers Specimen of Type-Face」

ずいぶんと間があいてしまいました。 本日の主な入荷です。書体見本をいくつか。 「Konimdo's Univers Specimen of Type-Face」晃文堂が発行していた「ユニバース」の見本帳です。発行年記載なし。1,500円。 「罫・輪廓 Style Book」オコノギ製作所の罫の見…

本日の主な入荷(12月16日)S.M.S.(Shit Must Stop) Volume#5、Machines Which Seem to Think

当時活躍していた現代アーティストのマルチプル(=複製技術等を用いて多部制作される芸術作品)をパックして刊行されていたアメリカの雑誌S.M.S.(Shit Must Stop) 。1968年の1年間のみ、6号まで刊行されていたようですが、その5号目「S.M.S.(Shit Must Sto…

本日の主な入荷(10月31日)秋岡芳夫、遊、ドナルド・ジャッド 建築、ほか

本日の主な入荷です。 まずは、再入荷。目黒区美術館で先週から『DOMA秋岡芳夫展−モノへの思想と関係のデザイン』展がはじまり、再評価の気配が感じられる秋岡芳夫さんの書籍をいくつか再入荷しています。弊店ウェブサイトでは今年1月に秋岡芳夫特集を組んで…

本日の主な入荷 旅の写真 撮影案内 <アサヒカメラ叢書19>、浜口隆一評論集1 現代建築の断面

本日の主な入荷です。 資生堂の社長をつとめつつ、写真家としても功績を残した福原信三の『旅の写真 撮影案内 <アサヒカメラ叢書19>』1937年の著作の戦後版です。日本全国のを巡った旅行撮影エッセイ。1952年刊行、10,500円。 もう一点、福原信三もの。 『…

本日の入荷(10月3日)「篠原一男 16の住宅と建築論」「私は流行をつくる <一時間文庫>」

本日の主な入荷書籍です。 「篠原一男 16の住宅と建築論」。篠原一男の代表的な住宅建築の写真・図面とともに、篠原自身によるそれぞれの作品についてのテキストを掲載。装幀・レイアウトは山城隆一。1971年、47,250円。 クリスチアン・ディオール「私は流行…

最近の主な入荷(9月30日)、「Nuvole sono immagini: Poema di Gio Ponti」、メタボリズム

またまた更新間隔が空いてしまいました…。 最近の主な入荷書籍などをご紹介します。 「Nuvole sono immagini: Poema di Gio Ponti」 イタリアの建築家ジオ・ポンティ(Gio Ponti)の『雲』をテーマにした文庫本サイズの可愛らしいイラストレーション集です。…

本日の主な入荷(7月25日)「Design Precess Olivetti 1908-1978」「京 Olivetti企画 ドキュメンタリイKYOTOのためのレジュメ」

本日の主な入荷です。 「Design Precess Olivetti 1908-1978」編:日本オリベッティ社編集部、ナサン・H・シャピラ 1981年刊行、3150円。オリベッティの日本オフィスがあったときに製作された、展覧会図録の邦訳冊子です。 裏表紙がやや汚れています。 刊行年…

本日の主な入荷(7月22日)「La Metamorfosi: Acquerelli di Folon」「Candido,ovvero dell'ottimismo」

本日の主な入荷です。 「La Metamorfosi: Acquerelli di Folon」ジャン・ミッシェル・フォロンが挿絵を描いたフランツ・カフカの「変身」です。挿絵10点収録。1973年にイタリアのオリベッティ社が顧客に配布する目的で製作したものです。26250円。 「Candido…

本日の主な入荷(7月11日)、Aspen No.8 The Fluxus Issue

久しぶりの更新になってしまいました。 そのかわりにちょっとした大物のご紹介です。 1960年代より10巻まで刊行されていた先鋭的なアート雑誌「Aspen」。そのなかでも最も人気の高い第8号、フルクサス特集号を入荷しました。編集はアーティスト、ダン・グレ…

本日の主な入荷(5月27日)「オーケストラル・スペース 現代音楽の夕べ」「こどもごころの歌 やなせ・たかし第一詩集」

本日の主な入荷です。 日生劇場で開催された「オーケストラル・スペース 現代音楽の夕べ」のコンサートパンフレットです。1966年、15,750円。 企画構成:武満徹、一柳慧 文:吉田秀和、ヤニス・クセナキス、滝口修造、黛敏郎、谷川俊太郎、大江健三郎、芥川…

本日主な入荷(5月23日)建築家 山口文象、架構 空間 人間

本日の主な入荷です。 相模書房より1982年に刊行された「建築家 山口文象 人と作品」です。海老原一郎、前川國男らが山口についてのテキストをよせ、長谷川堯らが解説を書いています。 カバー、264頁、23x23cm、函少ヤケ 31500円 大阪万博のパヴィリオンの写…

本日主な入荷(5月2日)アルス写真文庫、建築工芸アイシーオール

本日の主な入荷です。 アルス写真文庫より、左から「田園の寫し方」「ライカの第一歩/ライカの第二歩 2冊一括」です。 「田園の寫し方」は植田正治著。撮影のテクニックを解説しているのですが、サンプルが自作なので自作解説にもなっている、という一冊で…

本日の入荷(4月28日)ulm 7、Silvano Zorzi、Urban Elements

本日の入荷書籍の一部を掲載いたします。 「ulm 7」「ウルム」の7号です。表紙の右下端に少し書込みがあります。21000円 「Silvano Zorzi:Ponti e Viadotti」 イタリアの橋梁デザインの大御所、Silvano Zorziの作品集です。1981年De Luca Editore刊。ほぼモ…

入荷書籍紹介(4月4日)

半年以内に入荷していてこちらに掲載していなかった書籍の中からいくつかご紹介します。 1959年に婦人画報社より刊行されていた「カクテルの本」です。10版。間庭辰蔵著、函は磯田尚男。昭和感あふれる挿絵に岡部冬彦、磯田尚男、宮脇壇、原田維夫、河合詳三…

本日の入荷(4月1日)デザインジャーナル特別号 デザインと印刷表現、音楽と建築

本日の主な入荷です。 「デザインジャーナル特別号 デザインと印刷表現」 原弘、中井幸一、木村恒久、中村誠、小池光三、伊藤憲治、登村ヘンリ、等など、豪華なテキスト執筆陣による印刷表現の可能性を提示する一冊。表紙+扉のデザインは永井一正、写真一番…

本日の入荷(3月28日) 岡本太郎展、土屋耕一回文集

本日の主な入荷および再入荷です。 「岡本太郎展」 「岡本太郎展」1964年に西武百貨店8階SSSホールと東京画廊を会場に開催された展覧会の図録です。会場構成には磯崎新がクレジットされています。デザインは杉浦康平。54頁にわたり主に60年代に制作された作…