読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古書店パージナのブログ

東京・千代田区岩本町のデザイン専門古書店パージナのブログ。入荷情報等お知らせします。

草月アートセンターのジャーナル、パンフレット、リーフレット

草月アートセンターのジャーナル、パンフレット、リーフレットがまとまった数入荷したしました。

1958年に勅使河原宏をディレクターとして開設され、1969年に幕を閉じた草月アートセンターは当時の若い芸術家の自発的な発表と交流の場でした。現代音楽家ジョン・ケージの伝説的な初来日公演をはじめ、現代音楽、映画、アニメーション、パフォーミングアーツ、ジャズの先鋭的な公演が開催され1960年代の日本における前衛的な芸術の発信地として機能していたのです。イベントは開催されてからも雑誌SACジャーナルやパンフレットに批評や参加者のテキストが掲載されることで議論の深まりと広がりを持っていきました。それらに加えてリーフレットも当時の若いデザイナーが手がけており、今日でも魅力のある印刷物として残っています。

ここに掲載しているもの以外にも多数ありますので、ぜひ日本の古本屋のパージナのページから「草月アートセンター」で検索してみてください。

 

SACジャーナル No.27 特集 : 草月コンテンポラリー・シリーズ 17 JOHN CAGE DAVID TUDOR

1962年にジョン・ケージが初来日し公演を行った際の衝撃をつたえる一冊です。ジョン・ケージ東野芳明武満徹黛敏郎高橋悠治、ハインツ=クラウス・メッガーのテキストを掲載。デザインは志村和信。21,600円。

f:id:koshotenpagina:20161031180600j:plain

f:id:koshotenpagina:20161031180620j:plain

f:id:koshotenpagina:20161031180634j:plain

 

SACジャーナル No.30 3人のアニメーション アニメーション特集

「ジャン・テインゲリー アニメーション映画を語る」「東京印象記 カルロス・マルチオリ」「誌上アニメーション 粟津潔 『トントン』」など興味深い内容。久里洋二柳原良平真鍋博の作品の紹介など。1963年、12,960円。

f:id:koshotenpagina:20161031183618j:plain

f:id:koshotenpagina:20161031183640j:plain

 

 

草月コンテンポラリーシリーズ 作曲家集団例会スケジュール <草月アートセンター・リーフレット

1960年3月から12月まで草月アートセンターで行われた最初の現代音楽のコンサートシリーズ、「草月コンテンポラリーシリーズ」の年間スケジュールと簡単な演目。参加した林光、武満徹松平頼暁芥川也寸志岩城宏之、諸井誠、黛敏郎三善晃間宮芳生のプロフィールと安部公房瀧口修造らのコメントが掲載されています。デザインは杉浦康平。5,400円。

f:id:koshotenpagina:20161031175957j:plain

f:id:koshotenpagina:20161031180025j:plain

 

6人を乗せた馬車

文 : 光吉夏弥、西脇順三郎植草甚一ほか ; 表紙デザイン : 細谷巌 ; レイアウト : 志村和信 1964年、4,320円

f:id:koshotenpagina:20161031180348j:plain

 

今日の芸術=1 マース・カニングハムダンス・カンパニイ<草月アートセンター・リーフレット

公演告知用のリーフレットで、演目、紹介文に加えて秋山邦晴、岡本太郎黛敏郎のコメントも掲載されています。デザインは粟津潔。1964年、5,400円。

f:id:koshotenpagina:20161031175633j:plain

 

草月シネマテーク会報 6冊一括

飯村隆彦、石上三登志らが文章を寄せています。1969〜1970年。6,480円。

f:id:koshotenpagina:20161031185418j:plain