読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古書店パージナのブログ

東京・千代田区岩本町のデザイン専門古書店パージナのブログ。入荷情報等お知らせします。

本日の主な入荷 旅の写真 撮影案内 <アサヒカメラ叢書19>、浜口隆一評論集1 現代建築の断面

本日の主な入荷です。



資生堂の社長をつとめつつ、写真家としても功績を残した福原信三の『旅の写真 撮影案内 <アサヒカメラ叢書19>』1937年の著作の戦後版です。日本全国のを巡った旅行撮影エッセイ。1952年刊行、10,500円。



もう一点、福原信三もの。 『福原信三論説 寫眞藝術』福原の唱える芸術としての写真の制作メソッドが技術的な面、あるいは精神的な面から述べられている、写真家・福原信三の核を記した本です。初版、カバー、342頁、B5版、1943年武蔵書房より刊行、15,750円。




『現代デザインをになう人々』建築評論家・浜口隆一が当時の建築界における「ヴァザーリの美術家列伝のような書籍」を目指したという一冊。採り上げた人物は、ワルター・グロピウス、マルセル・ブロイヤー、ル・コルビュジェ前川國男、坂倉準三、ミース・ファン・デル・ローエブルーノ・タウト、アントニン・レーモンド、吉村順三、堀口捨巳、吉田五十八村野藤吾谷口吉郎、チャールズ・イームズバックミンスター・フラー、と錚々たるスターたち。今でも基礎知識本として読める内容です。1962年、工作社より刊行。6300円。



『浜口隆一評論集1 現代建築の断面』浜口隆一の評論集。公共建築を中心に、当時の建築一作一作について丁寧に記しています。力強い文字組みの装幀は田中一光。1967年 近代建築社、4200円。



ご注文はこちらから、またはメールにてお願いいたします。